アウトソーシングとクラウドソーシングのメリットとデメリット

 

業務を委託する場合、大きくアウトソーシングとクラウドソーシングの2通りの方法があります。

 

アウトソーシングとは外部の依頼先を選んで委託する方法、いわゆる外注のことであり、クラウドソーシングは不特定多数の人に委託する方法になります。

 

本記事ではそれぞれの特徴、メリット・デメリットなどについて解説していきます。

 

 

Out(外部)に業務を委託する「アウトソーシング」

アウトソーシングとは、依頼側が外部の専門業者などを選び業務を委託することで、一般的に外注と呼ばれています。

 

受託業務のプロが主な担い手で、品質がある程度担保されているのが特徴です。

 

 

①アウトソーシングのメリット

専門業者に依頼するので品質が高い

業務に必要な社内設備にかかる費用を減らせる

本来の業務に当てる時間が増える

場合によっては人件費の削減になる

 

これまで経験の浅い分野に参入するような場合、予めノウハウのある専門業者に委託した方がより良い結果につながることがあります。

 

また、業務量が大きく変動するような場合、マックスの場合に備えて社内設備、人員を抱えていては、業務量が少ない時期には経費・人件費が大きくかかってしまいますよね。

 

そんな場合は、アウトソーシングをすると外注費を変動費用にできるのでコスト削減につながります。

 

 

②アウトソーシングのデメリット

相手と相談しながら行うため、思ったスピード感で進まない場合がある

頼む専門業者によって費用が高くなる

予想と異なる仕上がりになることがある

 

高度専門人材を雇う場合は、費用は大きくなりますし、マネジメントコストも掛かってきます。

 

人件費については、外注することが必ずコスト削減につながる訳ではありませんので、かかる人件費、将来的なリターンなどを総合的に考えた上で、外部委託にするかどうかを決めると良いでしょう。

 

 

Cloud(不特定多数)に業務を委託する「クラウドソーシング」

 

 

クラウドソーシングとは、依頼側が専門業者を選んで委託するのではなく、不特定多数の人に業務を委託します。

依頼するにはクラウドソーシングサイトに登録する必要があります。

 

クラウドソーシングには、アマチュアからプロまで多くの人が登録しておりますが、多くの場合受注者はSOHO(スモールオフィス/ホームオフィス)やフリーランスになります。

 

 

①クラウドソーシングのメリット

あらかじめ予算や期限などの条件を発注者が決められる

安価で早い仕上がりが期待できる

業者選択の手間が省ける

 

 

②クラウドソーシングのデメリット

受注者がなかなか現れないこともある

受注者によって品質が大きく異なる

業務に対する経験が浅い人もいる

途中で連絡が途絶えてしまうこともある

 

 

上手く利用して業務の効率化へ!

アウトソーシングとクラウドソーシングの特徴について業務委託という部分では同じですが、品質や安心感を重視するならアウトソーシング、金銭面を重視するならクラウドソーシングがおすすめです。

 

また、単純作業はクラウドソーシングを利用するなど使い分けても良いでしょう。

 

それぞれの特徴を考えて、状況に応じて最適なほうを選択できるようになることが理想的です。

是非上手く利用して業務の効率化をはかっていってください。