Warning: Declaration of Danda_Category_Checklist::start_el(&$output, $category, $depth, $args, $id = 0) should be compatible with Walker_Category_Checklist::start_el(&$output, $category, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /var/www/blog.flexcrm.jp/htdocs/wp-content/themes/minnano/functions.php on line 178
デジタルマーケティングで顧客獲得する3つのポイント | みんなのCRM

デジタルマーケティングで顧客獲得する3つのポイント

 

近年、インターネット環境の整備や、スマートフォンやタブレットの普及を背景として、企業のデジタルマーケティングが盛んに行われるようになりました。

 

デジタルマーケティングにおいては、これまでのようにウェブサイトやメールの活用だけではなく、SNSや動画配信など幅広いインフラを利用して、商品やブランドのプロモーションが進められます。

 

では、デジタルマーケティングにより、効率よく顧客を獲得したり、成果を上げるポイントはどこにあるのでしょうか?

ここでは3つのポイントについて解説します。

 

 

デジタルマーケティングで効率よく顧客を獲得する3つのポイント

 

1.顧客とのタッチポイントを積極的に増やす!

タッチポイントとは、顧客と企業や商品との接点を意味します。

顧客が商品やサービスを購入するまでに、多くのタッチポイントをつくることができれば、それだけ顧客獲得のチャンスは広がるでしょう。

 

最近は、Wi-Fi環境の整備や、スマートフォンやタブレットの普及により、顧客が企業や商品と触れ合う機会は増加傾向にあります。

そのため、SNSやチャットツールなどを使って、タッチポイントを増やすことが比較的容易になってきました。

 

その分企業側としては、これまでのようにウェブサイトを作成して単に顧客を待つだけでなく、顧客へ積極的にアプローチしていくことが求められています。

 

2.顧客のカスタマージャーニーを分析する!

カスタマージャーニーとは、顧客が商品やサービスを購入するまでの行動や気持ちの変化を意味しています。

このカスタマージャーニーを分析することで、顧客がどこで商品の情報に触れているのか、どのような内容を調べて購入に至っているかを把握できます。

 

前述のように、企業と顧客は多くのタッチポイントをもつことが一般的になってきました。

そのため、どのタッチポイントが有効なのか、どのようなプロセスを経ているのかを把握することで、強化すべきポイントが特定でき、顧客獲得につながります。

 

ウェブ上の行動プロセスについては、簡単に測定できるサイトやツールも普及しているため、ぜひ活用してみてください。

 

3.顧客ごとに最適なメッセージを届ける!

 

デジタルマーケティングにおいては、従来のアナログでのマーケティングと比べ、顧客の思考や行動を数値的に分析したり、把握しやすくなってきました。

 

企業が顧客を増やすためには、この分析をもとに、顧客ごとの好みや行動特性を深く理解した上で、それに合わせたメッセージを届けることが重要です。

 

さらに、その効果を測定し評価することで、アプローチ方法を改善していくこともできます。

これまでは施策単位で分析していた内容を、顧客単位で細かく分析し、それを施策へフィードバックするという流れになります。

 

デジタルマーケティングの今後の展開

以上のように、顧客とのタッチポイントを増やし、それを分析して戦略的にコンテンツを配信することが、デジタルマーケティングで顧客獲得するポイントです。

「待つ」だけではなく、「攻める」姿勢が大切と言えます。

 

今後は、動画配信サービスやAIのさらなる普及が予測されるため、ウェブサイトやSNSなどに加え、これらのタッチポイントをどう活用するかがデジタルマーケティングを成功させる鍵となるでしょう。