データマイニング

企業に蓄積されたデータを解析し、表面に現れていなかった様々な関連性や法則性を明らかにする手法です。

 

ソーシャルメディアやスマートフォンの普及が進んだこと、またクラウドサービスが発展したことにより、データ量の増加スピードは劇的に加速しています。同時に高速で処理するハードウェアや技術も進化し、統計学やパターン認識、人工知能などの様々なデータ解析の技法を大量のデータに網羅的に、かつ高速で実施できるようになりました。

分析・解析の手法は様々ですが、データマイニングによって得られる代表的な情報には、頻度の高いパターンの発見、相関関係にある項目の抽出、データの特徴や共通点に基づく分類などが挙げられます。

データマイニングを行うことによって、何の相関関係もなさそうなデータのなかから、従来のマーケティング手法を覆す知識や法則を発見できることがあり、データ量が増えるほどより効果的な価値が探しやすくなることから、各社ともビッグデータの取得に力を入れてきています。