Warning: Declaration of Danda_Category_Checklist::start_el(&$output, $category, $depth, $args, $id = 0) should be compatible with Walker_Category_Checklist::start_el(&$output, $category, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /var/www/blog.flexcrm.jp/htdocs/wp-content/themes/minnano/functions.php on line 178
アクセス解析時に覚えておくべき用語 | みんなのCRM

アクセス解析時に覚えておくべき用語

 

アクセス解析の時は、聞きなれない言葉がたくさん出てきます。

Webに長けた人でなくても、覚えておくと今後役立つ用語をまとめてご紹介します。

 

 

混同しやすい「PV」「UU」「セッション」

「ページビュー」「ユーザー」「セッション」というのは、よく聞く言葉ですね。

ただし、この3つは同じではありません。

 

それぞれの特徴と、違いについて見てみましょう。

 

 

・・ページビュー数(PV数)はページの閲覧数

 

俗に言うアクセス数とは、このページビュー数のことを指します。ページが1回表示されるとページビューが1カウントされます。

単純に「そのページが何回表示されたか」を示す数値です。

 

 

・・セッション数(訪問者数)はそのページへの訪問数

 

ページビューと最も混同しやすいのが、セッションです。

ページビューは、同じユーザーが何度そのページを開いてもカウントされます。

 

それに対しセッションは、同一ユーザーが一定時間内に同じページを開いてもカウントされません。ただし時間を置いて(Googleアナリティクスの場合30分)再度アクセスすれば、同じユーザーでもセッションがカウントされます。

「そのページへの訪問数」と考えるとわかりやすいです。

 

 

・・ユニークユーザー数(UU)は訪問人数

 

ユニークユーザーはセッションと混同しやすいでしょう。セッションが、一定時間後の訪問をカウントするのに対し、ユニークユーザーは同じユーザーの再訪問はカウントしません。

「そのページへの訪問人数」と考えましょう。

 

ただし、ユニークユーザーは通常ブラウザのクッキー(Cookie)で選別しますので、本来の意味での正確な訪問人数とはなりません。

クッキーの設定はユーザーが簡単に無効にできますし、スマートフォンやタブレット、別のPCからのアクセスは別ユーザーとしてカウントされます。同じパソコンからのアクセスでもブラウザが違えば別ユーザーとして扱われます。

 

 

成果に直結「インプレッション」「CTR」「CVR」

 

「インプレッション」「CTR」「CVR」は、成果をはかる為に重要な数値となります。

 

 

・・「インプレッション数」は広告の表示回数

 

インプレッション数は広告が表示された回数です。それならばPV数と同じでは?と混同しがちですが、実際には違います。

インプレション数は

「そのページにある広告数×PV数」

で計算されます。

広告が複数あれば、その分もカウントされるということです。

 

しかも、インプレッション数をカウントするタイミングはPVと同じとは限りません。

採用している計測方法によって、広告全体が表示されて初めてインプレッションとなる場合や、ページの読み込みが始まった時点で(広告を表示しきれずそのページが閉じられたとしても)インプレッション数をカウントする場合があります。

 

 

・・クリック・スルー・レート(CTR)はクリック率

 

CTRは、広告表示回数(インプレッション回数)に対し、どれだけ広告がクリックされたか、という割合を示します。

広告が100回表示され、5回クリックされた場合、CTRは5%となります。

 

 

・・コンバージョン・レート(CVR)は成果達成率

 

CVRはCV(成果達成)率のことです。

CVをどう設定するかによってCVRは変化します。

 

例えば、アクセス数に対し、そのページからのユーザーによる問い合わせをCVとするならば

*アクセス数100

*問い合わせ数10

の場合、CVRは10%です。

 

それに対し、商品が売れたことをCVとするならば、

*アクセス数100

*商品販売数5

とすると、CVRは5%となります。

 

GoogleアナリティクスなどではCVを「目標」と表現しています。つまり、個々に設定した「目標」に対する達成率がCVRなのです。

 

 

こうした用語を暗記する必要はありませんが、それぞれの違いや、重要なポイントについて押さえておくと、今後に役立つことでしょう。